fc2ブログ

日本初の氷河を確認 北アルプス立山連峰に三カ所

変換 ~ 20120405-018358-1-N   変換 ~ TKY201011300593

富山県の北アルプス立山連峰の三つの氷体が日本で初めて氷河であると確認された。
2009年から調査を続けてきた立山カルデラ砂防博物館(富山県立山町)が
4日、発表した。来月発行の日本雪氷学会(東京都)の学会誌「雪氷」に論文が掲載される。

同博物館の研究チームは昨年9~10月、剱(つるぎ)岳(2999メートル)の小窓雪渓にある
長さ約900メートル、三ノ窓雪渓の約1200メートルの氷塊で高精度の全地球測位システム
(GPS)を使って観測を行い、1か月間で最大30センチを超える流動を確認した。
立山・雄山(おやま)(3003メートル)の東にある御前沢(ごぜんざわ)雪渓の約400メートルの
氷塊でも、2010年と11年にいずれも1か月当たり10センチ以下の流動を確認した。

国立極地研究所(東京都)によると、氷河は重力で長期間にわたり流動する氷の塊。
これまで極東アジアではロシアのカムチャツカ半島が南限で、日本には存在しないとされてきた。

氷河は長期間、継続して動いている雪氷体。降雪量が多く、夏の気温も低いなどの条件が整っていたと
みられる。日本雪氷学会の藤井理行(よしゆき)前会長は「危険な雪渓に精密機器を持ち込み、
流動を確認した。学術的に偉大な発見だ」と話した (web asahi)

オールシーズンのアウトドアアクティビティーは
≪Zerogravity mountain service≫まで
≪シャワークライミング≫ ≪ロッククライミング≫
≪トレッキング≫      ≪スノーシューハイク≫







 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゼログラビティ

Author:ゼログラビティ
ゼログラビティーブログへようこそ!
シャワークライミング,キャニオニング,ロッククライミング,スノーシュー,バックカントリー,ハイキング等の写真集・お客様の声・ツアー日記をご紹介します!

アルバム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム