スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪Tuesday, January 15, 2013 ≫

変換 ~ DSCN1470  変換 ~ DSCN1476  変換 ~ DSCN1481

変換 ~ DSCN1482  変換 ~ DSCN1485  変換 ~ DSCN1486

変換 ~ DSCN1494  変換 ~ DSCN1497  変換 ~ DSCN1501

変換 ~ DSCN1511  変換 ~ DSCN1515  変換 ~ DSCN1518

変換 ~ DSCN1520  変換 ~ DSCN1545  変換 ~ DSCN1548

大阪各地よりお集まりの皆さま(3シーズン連続リピートありがとうございます)
*早期予約特典の“patagoniaネックウォマー”で雪山を暖かくお過ごしください 

追記
 本日、下山途中(PM2:00過ぎ)、明日、生中継でスノーシューを放映する某TV局スタッフが
ケーブルを張りながら上がってゆかれました、仕事とはいえ大変な労力です、御苦労さまです。
 が、今からケーブルを張りながら頂上まで行って何時になるのですか?
(おそらく3:00は優に越えます)一体、作業を終えて下山したら何時になるのですか?
 おそらく先頭の方2名がガイドされていたと思うのですが、危機管理が全くできてないです!!
私たちのツアーのトレースがあってこのような時間になってるのに、無かったらもっと・・・
この時期は天候次第では3:00を超えると山中は暗くなりだし、一気に日が暮れてしまいます。
PM3:00には、下山完了しておかないと!!
 なんか、需要が増大するとスキルが落ちる典型例を見たようにおもいます。
マスメディア(書籍。TV等)による、安易な雪山への勧誘は年末年始に起きたような、
多数の雪山遭難騒ぎをまた、誘発しそうな気がします。
 ガイドが、その辺のリスクをしっかりクライアント(TVスタッフ)に伝えないと!!
本日のガイドがその辺、分かってなかったら??? 薄ら寒くなります。

オールシーズンのアウトドアアクティビティーは
≪Zerogravity mountain service≫まで
≪シャワークライミング≫ ≪ロッククライミング≫
≪トレッキング≫      ≪スノーシューハイク≫


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゼログラビティ

Author:ゼログラビティ
ゼログラビティーブログへようこそ!
シャワークライミング,キャニオニング,ロッククライミング,スノーシュー,バックカントリー,ハイキング等の写真集・お客様の声・ツアー日記をご紹介します!

アルバム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。